最近の記事

2014年10月28日

気をつけたい。妊娠と肥満と子供のメタボ

こんばんは、抹茶大福です。

今日はこんな記事を見つけたのでご紹介します。


子どものメタボは胎児期から始まる? 妊婦の肥満に注意


005-3.jpg

記事によると、肥満妊婦の子供は成人後の死亡リスクが
約1.4倍」になると言う論文が発表されたそうです。

記事の内容を分かり易くご紹介すると、

産まれた子供が55歳以下で死亡する確率は、初回妊婦
健診時のBMIが25〜29.9の場合1.19倍 BMI30以上だと
1.4倍にもなるんだそうです。
しかも、狭心症や心筋梗塞、脳卒中などの脳血管疾患等の
心血管病で入院するリスクが高くなるのだとか。

肥満妊婦の子供は肥満になりやすく、母親が妊娠前に
太っていた場合も、子供が思春期になった時に高血圧や
脂質異常症になり易いそうです。


また、妊娠中のダイエットも危険です。
妊娠前から肥満体型だった女性は、妊娠糖尿病や妊娠
中毒症になりやすいですね。

でも、妊娠してからダイエットをするのも危険です。
もし妊娠中にダイエットをした場合、赤ちゃんも一緒に
ダイエットをしている事になり、赤ちゃんは飢餓状態に
なってしまいます。
こうなると、お腹にいる間から肥満遺伝子がONになって、
産まれてから太ってしまいます。
そして将来的にはメタボになりやすくなるんですね。

妊娠中のダイエットが禁忌と言われるのは、こう言う
ちゃんとした理由があるからなんですね。


ただし、痩せているからと言って安心するのは早いです。
痩せ過ぎのお母さんから生まれた赤ちゃんも、ダイエット
しているのと同じ飢餓状態になっている可能性があります。
そうなると、低体重児(2500g以下)が生まれやすくなり、
その子も将来メタボになり易くなるのだとか…
そして出生時の体重が少ない場合も、心血管脂肪リスクが
高くなるのだそうです。
痩せているから安心・大丈夫、ではないんですね。

過ぎてしまった事は戻りませんが、もしこれから二人目
三人目を希望されている方は、適正体重を目指して下さい。

今や赤ちゃんの一生を左右する事にもなるメタボリスク。
少しでも減らしてあげるのも、お母さんの愛情です。

その重要性は、ダイエットブログを見に来られる方なら
十分に分かって頂けるんじゃないでしょうか?

太り難い体質ってだけで、それだけでどれだけ楽な事か…!

私からすると、太り難い体質は最高の贈り物です。
体重を気にせず食べられるなんて、夢の様ですからねぇ…
一生を通してダイエットが不要な人生って、どれだけ楽で
ストレスがない事か…

ちなみに私が娘を妊娠した時の体重は43s前後でした。
BMIは18後半で、娘の出生体重は2400gちょっと…

この記事や論文だと、娘は将来メタボになる可能性がある
と言う事になります…(滝汗)

幸い母乳で育てたせいか、産まれてからもずっと痩せ過ぎ、
今でも肥満度は-4%と痩せ気味の部類です。

う〜ん、将来どうなるのかなぁ…
今は動くの大好きで、じっとしていないから痩せている
面もあるので、ある程度大きくなって落ち着いたらどう
なるのやら…

もし事前に知っていたら、もう少し体重増やしたのに…
ああ、それに、妊娠初期は悪阻で食事も摂れていなかった
ので、ダイエットしているのと同じ状態でしたね…(汗)

うわぁ〜もしかして、色々と地雷踏んでた?
今更ながらに、ちょっとショックです(滝汗)
この先どうなるか分からないけど…
もしメタボになったらごめんよ〜!!!(泣)

今更やり直しも出来ないから、これからは肥満にならない
様な食事でフォローするね。


皆さんはこんな事のない様に、気をつけて下さい。
特に二人目三人目を考えている方は、痩せすぎ&妊娠中の
ダイエットにご注意くださね。



よかったらポチお願いします。

にほんブログ村 ダイエットブログ 産後ダイエットへ
にほんブログ村

ブログランキングならblogram

posted by 抹茶大福 at 21:16| Comment(0) | ダイエットに関する事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

C